共生の思想(増補改訂) 未来を生きぬくライフスタイル 黒川紀章

1991年9月30日 改訂第1刷

 

日本的美意識の「侘び」「さび」について従来の簡素、寂しいという一方向的な捉え方に異を唱え、華麗と簡素の両義的美意識、華麗と枯淡の共生の中に美意識から「花数寄」という語を用いる著者。風姿花伝世阿弥が「花」を能の生命とした美意識にも通じる。世阿弥は鬼を演ずるときは心の中に柔らかさをもち、老人を演ずるときは若やいで演技するのがよいという。日本的共生の美意識がここにあると。

このような誤解を生んだ原因の1つは、利休の侘びが秀吉との関係で極端化され「侘び」の解釈を狭く浅くした。第2はブルーノ・タウトらの桂離宮伊勢神宮を近代建築の文脈で評価し、日光東照宮を「将軍の趣味の悪さの代表例」として否定したところにある。同時代の建築物である以上、並置して日本建築全体を俯瞰できるはずなのに。

 

西洋の二項対立、分離主義と二元論で失われたものを含み込み、共生の思想を提唱する著者は鈴木大哲の「即非の論理」を引用する。AとnotAが実は同一であるとして、部分と全体が等価値であり、両者は矛盾のままに自己同一性を失わないとする東洋的な個の世界は西洋のピラミッド型ヒエラルキーは存在しない。それゆえにお互いの聖域を守り、両者の間に設定する共通項「中間領域」を設定する。

(これなんかは尖閣諸島問題で日中が激しく対立し合っている現代社会においても通用する考え方のように思う)

 

著者は江戸時代の再評価を提唱し、文化の大衆性、高密度居住が生んだ微妙な感受性と雑居性、虚構性の文化や、細密なディテールに対するこだわり、からくりの思想、建築における混在様式の成立、部分と全体の共生についても論を進める。

 

西洋にも両義性の建築家たちが現れ、砂漠の実験都市の設計計画に携わったことに触れた後、「東洋に広場がなく、西洋には道がない」という議論を巻き起こした著者(1965年)。

 

著者は竜樹の「中庸」で「空」の思想の原点が示され、『解深密教』に善悪二元論に解消されない中間領域があることを指摘し、ここに二元論を乗り越える鍵があるとする。

 

日本家屋の特徴の一つとして、著者は開放性を上げる。縁側を中間領域として庭と連続する開放性が得られ、視覚的連続性、聴覚的連続性があるとする。これに対し、ヨーロッパは自然と人間とを対立するものと捉える二元論思想があり、自然は征服するものであるため、庭園も理想化された自然である(自然を征服し手なづけたことの象徴)とする。

 

著者はシングルコードの近代主義に対し、建築評論家チャールズ・ジェンクス『ポストモダンの建築言語』の中でポストモダンについての6つの定義を引用する。①「1つの建築が人々に対して少なくとも2つのレベルで語りかけてくるような建築」、②「ハイブリッドな建築」、③「意識された精神分裂症をもっているもの」、④「言語をもった建築」、⑤「メタファ(暗喩)が豊かで、新しく、排他的であるよりも包括的であること」、⑥「都市の多元性に呼応するものであること」。

そして著者なりに読み替える。①工業化社会から情報化社会への転換期を背景に成立、②ライフスタイルの私小説化、私生活化、③中心なき時代、④二元論または二項対立の消滅、⑤快楽(コンビビリアリティ)をもつ、⑥世界の相対化と折衷様式の評価、⑦全体性のイデーが崩壊し、部分と全体が共生したもの、⑧物的要素と精神的要素の共生、⑨従来、境界と考えられていた部分に、中間領域としての曖昧性を発見できること。

 

最終章で、著者は近代建築が近代主義の認識に深く根差しており、ポスト近代の建築が存在論、意味論、意味生成への創造的方法論を必要としているとすれば、近代建築の設計方法にどのような転換を迫るものかと問いを立てる。

結論として個々の多様な意志の表明によるとし、著者自身は「西欧中心主義とロゴス(理性)中心主義の変換」が自らの意志の表明であるとする。そして共生の思想という著者個人の意思の表明へと深化させている。共生の思想の基本的内容としては、異質な文化の共生、人間と技術の共生、内部と外部の共生、部分と全体の共生、歴史と未来の共生、理性と感性の共生、宗教と科学の共生、人間(建築)と自然の共生を上げる。

 

そして最後の「エピローグ」で著者は中村元教授の『東洋人の思惟方法』に目を開かされたと明かす。

 

全体で396頁もの大著ですが、かなり読み応えのある書物でした。

 

猿橋勝子 女性科学者の先駆者 清水洋美

2021年3月 初版第1刷発行

 

本の構成とは違いますが、途中で、次のような内容が出てきます。

「地球上にある水は、いったいどれほどの量でしょう。

 全部でおよそ14億立方キロメートルです。そのうちの約97.5%が海水で、約2%が氷河や万年氷、残りの0.5%が川や湖や地下水です。ほかに、全体の0.001%が大気中に水蒸気として存在しています」

 今まで考えたこともない世界の描写だったので、とても新鮮でした。

 

 猿橋さんは当初、中央気象台で研究をはじめ、海洋の炭酸分析を根気よく続ける。

 この時の測定法を微量拡散分析法として論文にまとめ「微量分析の達人」として知られるようになり、このことが後に「死の灰」を巡り合わせることになる。

 昭和29年3月、マーシャル諸島ビキニ環礁で水爆実験が行われ、ビキニ灰分析を依頼されて割り出した炭酸量11.8%との結果から、サンゴが水爆の熱で一瞬のうちに溶けて分解したことを突き止める。

 後にスクリプス海洋研究所のセオドア・フォルサム教授の南カリフォルニアからはじき出したセシウムの測定値と猿橋と三宅康雄が日本近海から測定したセシウム濃度が極端に違っていたため、両者の間で論争が起こり、同じ海水を使ってそれぞれの測定法で分析するという対決が行われることに。結果は猿橋の圧倒的勝利で終わり、共同研究の提案を受け、しばらく一緒に研究することになる。

 60歳になった猿橋は起床研究所を退職し、自然科学の分野で優れた研究をした女性研究者を毎年一人選び、「猿橋賞」を贈ることに。若い女性研究者を育てるために。87歳没。

 

 偉大な先駆者の1人です。特に女性の科学の分野の草分けという意味で、苦労されたことと思います。真面目にコツコツと根気よく研究を続けるという才能自体、多くの女性が持っている大事な美徳の一つのように改めて思いました。

リープフロッグ 逆転勝ちの経済学 野口悠紀雄

2020年12月20日 第1刷発行

 

表紙裏を書き写すと。

後から来た者が、蛙の跳ぶがごとく先行者を追い越してしまう。それがリーブフロッグだ。歴史を繙けば、大航海でヨーロッパが中国を凌駕し、イギリスがスペイン無敵艦隊を駆逐したように、大逆転の連続だった。世界史に日本経済復活の道を探る。

 

冒頭の「はじめに」で本書の概要が書いてある。

固定電話が普及していなかったが故にネットとスマートフォンが急速に普及して中国では最先端分野で目覚ましい発展が。同様にヨーロッパで最も貧しい農業国だったアイルランドが情報技術に対応することで目覚ましい経済発展を遂げ日本の2倍くらいの水準のGDP労働生産性を上げるまでに。しかも工業社会を経験しなかったために美しい自然や街並みが昔のままで。

かつては先進諸国だった中国が鎖国主義に陥り停滞しヨーロッパにリープフロッグされ、ヨーロッパは逆に大航海によりリープフロッグが起き、イギリスの社会構造がガスや蒸気機関などの古い技術に適合したものに固定され、電気という新しい技術に対応できなかったためにアメリカやドイツに追い抜かれた歴史を抑えた上で、最近のGoogleとアリババを例に新しい技術を収益化するビジネスモデルとして紹介している。

そしてようやく最終章で日本のリープフロッグの条件を検討するのだが、逆転勝ち可能な社会構造を維持し、政府に頼らず個人や企業が努力を続けること、を訴える。

 

最終章にどんな内容が書いてあるのか興味を持ったが、日本の経営者がデジタル化を理解しておらず、日本のデジタル化の遅れは目を覆わんばかり、スイスの国際経営開発研究所によると、世界競争力ランキングで92年まで1位を維持していた日本がどんどん落ち込み、2019年では30位、2020年度版では34位に。しかもデジタル技術の順位は2020年では62位(対象は63か国・地域だか最後から2番目!)。という、驚くべき体たらくは紹介されているものの、具体性に欠けているように思う。

 

昨今の日本では、デジタル庁の発足だとか、少しずつ改善しようとしているが、そんな甘っちょろいことをやっていると、どんどん日本は沈んでいく、というか、もう沈むしかないところまで来てしまっているようにも思う。

ただ、浮き沈みは世の常。デジタル化の次を見定めて、そこに頭を使うという発想もあって良い。何でもかんでもデジタルという時代の次がどうなるかが問題だ。そこに標準を合わせて、勉強し、頭を使いたい。

 

 

オリンピックを呼んだ男 田畑政治 近藤隆夫

2019年2月 初版第1刷発行

 

競泳は1896年第1回オリンピック(ギリシャ)以来、今も継続されている数少ない競技の一つ(他は、陸上、体操、自転車、フェンシング)。第2回(フランス)、第3回(セントルイス)、第4回(ロンドン)と続き、1912年第5回(ストックホルム)で日本は初めてオリンピックに出場(陸上で三島弥彦、マラソン金栗四三)。第6回(ベルリン)は中止、第7回(アントワープ)で日本人初メダリスト(男子テニスダブルスで熊谷一弥と柏尾誠一郎・銀、熊谷はシングルでも銀)。この時、競泳で日本人として初めて内田正練まさよし)と斎藤兼吉が出場(結果は惨敗)。

 

17歳で競技を続けられなくなった田畑政治は指導役にまわり、朝日新聞社入社後も浜名の後輩のために奮闘。第8回(パリ)では競泳で日本勢はメダルにあと一歩のところまで漕ぎ着ける。

この頃、大日本水上競技連盟は、大日本体育協会に加盟し、初代会長は末弘厳太郎。遠征費を捻出するため、田畑は高橋是清に話を付け、第9回(アムステルダム)の海外派遣費が支出されるようになり、4年後のロサンゼルス大会からは、スポーツ界全体に国の予算(補助金)として支給されるようになる。

そしてアムステルダム大会で遂に鶴田義行が200平泳ぎで金メダル、100自由で高石勝男が銅。

田畑はオリンピック第一主義を掲げ、大日本体育大会の第2代会長・岸清一(初代会長は加納治五郎)を頼り、国際基準を満たすプール(神宮プール)が初めて国内にできる。松澤一鶴をヘッドコーチに迎え、第10回(ロサンゼルス)大会で100自由で15歳宮崎康二が金、河石達吾が銀を。1500自由でも14歳の北村久寿雄が金。100背泳ぎで清川正二、入江稔夫、河津憲太郎が表彰台独占、200平泳ぎで鶴田が連覇。4×200リレーでも優勝。女子でも前畑秀子が200平泳ぎで銀。

 

第11回(ベルリン)大会で競泳は金4、銀2、銅5.初の日本人女性金メダリスト前畑秀子200平泳ぎ。一日20キロも練習で泳いだ成果!“もし金メダルを獲れなかったら日本の皆さんに申し訳ない。その時は帰りの船で海に身を投じます”と悲壮感を漂わしていたそうだ。但しこの時の大会はスポーツが政治に利用されていると感じさせるものだった。

第11回大会開会式前日に、次回開催地が東京と決定するも、第12回(東京ではなくヘルシンキに変更)大会は中止。第13回(ロンドン)大会も開かれず。戦争の影響だ。その間、1934年、田畑は末弘の跡を継いで日本水上競技連盟の理事長に就任。

 

1948年第14回(ロンドン)大会に日本は参加できず。決勝と同日に全日本選手権水上競技大会を神宮プールで開催し、古橋廣之進は世界記録を塗り替えるタイムを出す。

1952年第15回(ヘルシンキ)大会で田畑は選手団・団長を務める。古橋は直前のリオで赤痢にかかり本調子を出せず、水泳で金メダルはゼロに。

 

1956年第16回(メルボルン)大会で、競泳のみならず他の競技でも大健闘し、金4、銀10、銅5と、合計19個のメダル獲得。この後、日本水泳連盟の内紛が起こり、田畑は身を引く。

 

第17回(ローマ)大会の際も東京は立候補し、破れはしたものの、アピールはできた。

競泳陣では銀3、銅2。

そしていよいよ1964年第18回大会で東京開催を勝ち取るため、和田勇の協力を得て東京開催の意義をアフリカのJOC委員に説き、武田恒徳もヨーロッパのJOC委員に説得を試み、1954年5月26日、IOC総会で開催地が東京に決定する。柔道とバレーボールを競技に加えたいと考えた田畑の願いどおりに採用が決まる。

ところが、開催まで後2年というタイミングで川島正次郎との確執から大会組織委員会事務総長を辞任することになった田畑。それでも最後まで選手を励まし続け、東京大会では16個の金。3位の成績。晩年は1973年に日本オリンピック委員会会長に就任。享年85歳。

 

名前だけは知っていた。でも、オリンピック招致のため、日本の競泳発展のために人生を賭けて死力を尽くした方だったというのはこの本で初めて詳しく知った。先人に感謝しかない。

15歳の寺子屋 星の声に、耳をすませて 林完次

2013年9月26日 第1刷発行

 

私は、全くの星座音痴です。星座には全く疎いですし、ほとんど関心がありませんでした。この本に星座が出てくるたびに、ネットで一つ一つ叩かないと、何のこと?ってなってしまうのですが、でも、ネットで調べながら本を読み進めてみると、違った世界が発見できることにちょっとした面白みを感じました。以下、この本の、私なりのエッセンスを紹介したいと思います。

 

著者は冒頭で、冬の六角形を紹介するところから始めています。冬空には一等星が7つもあって、赤色の一等星を真ん中に六角形を描いている。おおいぬ座シリウスこいぬ座プロキオン、双子座のポルックスぎょしゃ座のカペラ、おうし座のアルデバラン、オリオン座のリゲル。これを「冬の六角形」というらしいです。

ネットで調べると「冬のダイヤモンド」とも。そして真ん中にオリオン座のベテルギウスという一等星があって、ちょうど六角形の真ん中で瞬いています。

 

著者の兄は木村伊兵衛の三脚持ちだった人からカメラの手ほどきを受けたらしく、その兄からカメラを借りたのがきっかけで、カメラに夢中に。木村伊兵衛さんも、私は良く知らなかったのでネットで調べると、日本の近代写真史上もっとも重要な写真家だったらしく、秋田美人をはじめ名作を沢山残している方でした。本当に何から何まで知らないことだらけです。

 

日下英明さん、野尻抱影さん。星の魅力を言葉で伝えている先輩として紹介されていました。両名の著作とも、私は恥ずかしながら読んだことがありません。『星座手帳』、『星と伝説』が代表作のようなので、いつか読んでみたいです。

 

夏空に浮かぶこと座の織姫ベガ、わし座の彦星アルタイル。それにはくちょう座のデネブを結ぶと、夏の大三角が作られる。星座の数は全部で八十八。これらも全部初めて知りました。もしかしたらどっかで聞いたかもしれないですが、記憶に全く定着していません。

 

北極星を挟んでカシオペア座(日本では山形星、いかり星)。国によって星座の名前が違うっていうのも面白い発見です。ちなみに、反対には北斗七星(これはさすがに知っていました)が。

 

すばるって、カラオケでしか知らなかったけど、おうし座のプレアデス星団を日本名で「すばる」(昴)と呼んでいるんですね。知らなかった。古事記万葉集、江戸時代後期の狩谷液斎の書物にも出てくるらしい。枕草子にも「星はすばる。ひこぼし。ゆふづつ。よばひ星。すこしをかし。尾だになからましかば、まいて」と。

 

 肉眼で見える星の数は約8600個、実際には6000個くらい。地平線の下の星は見えないので一度に見える星の数は約3000個。五島プラネタリウム(渋谷の東急文化会館)閉館後のドームを使ってメガスターという新型プラネタリウムを開発した大平貴之さん。以前、著者に電話を掛けてきた高校生に星の写真の取り方を教えてあげたら翌日も電話がかかって結構な時間をかけて教えてあげた。数年後、大平さんと対談した時に、あの時の高校生は太平さんだったことが分かる。著者が草下英明さんの『星座手帳』を読んで星への憧れを言葉にしてもらったのと同じように、星を追う少年たちの物語はこうやって受け継がれていくのかもしれない、という話は中々感動的でした。

 

三大流星群。1月のしぶんぎ座流星群、8月のペルセウス座流星群、12月のふたご座流星群。夏と冬は1時間当たり60個ほど見えるので1分間に1個流星が飛ぶ、らしいです。

2001年のしし座流星群はピーク時には1時間に5000個も流星が飛んでいたとのこと。しし座流星群は、過去には1799年、ドイツの植物学者フンボルトは南米旅行中にベネズエラのクマーナで1時間あたり百万個の流星を見たとも。ロマン・ロランは『獅子座の流星群』という戯曲で、フランス革命の終わりと星の運命が一つになって響き合う作品を残し、ゴッホは『ローヌ河畔の星空』で北斗七星(本当は南斗六星しか見えなかったらしい)やそれ以外の星を描いていたとのこと。

かに星雲超新星が爆発した残骸で1054年に突然現れ、中国の『宋史』、日本では藤原定家の『明月記』に出てくるようです。

 

星座、って、なぜか殆ど今まで感心がなかったのですが、この本を読んで、自分で感心分野を限定してしまうのは、とてもモッタイナイことだと感じました。なぜなら、いつも、今日も、明日も、明後日も、見ようと思えばいつでも見れるのに、それを見過ごしていたからです。家路に着く途中で空を見上げれば、そこに、古の人たちが夢を馳せた世界が共有できる。そんな宝物が目の前にあるのにこれまで気づかなかったなんて、なんてモッタイナイんだろう、そう思いました。実は一昨日の夜は、満月だったんですよね。満月を、生きているうちにどれくらい何回見れるか、楽しめるか。それも一つの人生の楽しみ方のような気もします。

 

それにしても今日のスケートボードの堀米優斗君の金メダル。水谷伊藤ペアの絶対に諦めない、最後まで攻めに接する姿勢、大橋選手の金メダル。感動の嵐が吹き荒れています。内村選手も瀬戸選手も残念だったと思いますが、世代交代、選手交代。そんな時代が既に到来しているのですね。

救出 日本・トルコ友情のドラマ 木暮正夫


2003 年 10 月 25 日初版発行  2004 年 6 月 20 日第 3 刷
1985 年 3 月、イラン・イラク戦争の余波で、イラン・テヘランに居住していた日本人 500人余がそのままとどまっていれば命の保証がない状況の中で、いますぐ出国・帰国しなければならない時に、日本の外務省は及び腰で救出のために手を差し伸べなかった。その時、トルコだけが日本人を救出するため、旅客機を用意し、具体的に手を差し伸べて動いてくれた。
その背景に何があるのか。実は、100 年前の紀伊大島の遭難事故の際、トルコの大使節団を同大島の村民たちが尽力した史実があった。この話は知ってはいたが、これほど詳細なドキュメンタリーは初めて読んだ。
「樫野崎灯台」。照明灯の光源を回転させる「閃光式」を採用した、石造りの洋式灯台は国内最初。40 メートルもの断崖上に設置。1890 年(明治 23 年)9 月、ウルトゥールル号が遭難。500 名を超える犠牲者を出す中(公式には 609 名、研究上は 607 名が有力)、69 人が島に息も絶え絶え辿り着く。言葉は通じないが、村あげて救出活動に当たる。そして遺体収容作業も。大島村の人たちは 10 年ごとに殉難者を悼む式典を開催。村が串本町と合併した後は 5 年ごとに。しかしトルコでは、「トルコと日本は、エルトゥールル号のときから友好の絆で結ばれてきました。私たちは、あの時、日本の人たちから受けた真心を、皆胸に刻んでいます。トルコの子どもたちは、そのことを学校で教えれられています」。それ故に、イラン・イラク戦争で先の軌跡が起きたのだ。
1975 年には串本町とメルシン市が姉妹都市に。当時の野村豊元大使に取材した著者は「ビルセル大使の協力のおかげにつきる。本当に感謝しきれない。彼とはいまも親しくしています」と。

 

トルコの親日は有名だが、先人たちのこういったトルコの人たちへの貢献があればこそだということを改めて痛感する。 

366日 アスリートの名言 SANSAI BOOKS編 執筆落合真彩 

2021年6月15日 第1刷発行

 

7/12 野獣になれ、京子。目いっぱい 目ん玉をひんむけ、男を超える、女を超えろ、人間を超えろ!野獣になれ!! アニマル浜口

 1997年のこの日、京子が初優勝を果たした世界選手権75キロ級の決勝のマットに向かう際に叫んだ言葉。京子は優勝。そこから2大会連続の5輪銅メダルの功績を残す。

 

7/17 今を戦えない者に 次とか来年とかを言う資格はない ロベルト・バッジョ

 1993年場ロンドール獲得したバッジョ。ところが1994年のこの日、W杯決勝史上初のPK戦で最終キッカーで外し優勝を逃す。非難の的となるも逃げることなくその年クラブを優勝に導く。

 

8/1 やっと内村航平を証明できました。

2012年8月1日、ロンドン五輪体操競技で金メダルを獲得した時の言葉。

 

10/6 自分が5打数6安打くらい打つつもりでやらなくてはダメだ。 青木宣親

 

12/8 誤審を招いた俺が悪い。大鵬

 1969年3月場所2日目。45連勝が途切れた時、テレビ判定では勝っていたがこの潔い発言で益々人気を高めた。これをきっかけにビデオ判定が導入される。

 

12/31 スタートの時点で、本当は、結果がほとんどわかるんです。 有森裕子

  日本女子陸上界唯一の2大会連続メダル獲得。とてつもない練習量を積んだ。

 

ざっと読んで、自分の好きなフレーズだけ、括り出してみました。

勿論、皆、一流の方ばかりなので、含蓄深いものばかりですから、多くの方に、手に取って読んでもらえると良い書物だと思います。