現代語訳 福翁自伝 福澤諭吉 齋藤孝編訳

2011年7月10日第1刷発行 2020年11月10日第16刷発行

 

表紙「…それから子ども心に考えてみて、兄さんのいうように殿様の名の書いてある紙を踏んで悪いと言えば、神様の名前のあるお札を踏んだらどうだろうと思って、人の見てない所でお札を踏んでみたところが何ともない。『ウム何ともない。こりゃ面白い。今度はこれを手洗いに持って行ってやってみよう』…」

表紙裏「『学問のすすめ』『文明論之概略』などを著し、慶應義塾の創設にも力を尽くした近代日本最大の啓蒙思想家・福澤諭吉。その自伝のエッセンスが詰まった箇所を選出し現代語訳。激動の時代を痛快に、さわやかに生きた著者の破天荒なエピソードが収められた本書は、近代日本が生み出した最良の読み物のひとつであり、現代日本人が生きる上で最高のヒントを与えてくれるだろう。」

 

第一編 幼少時代

     漢文の本の中に「喜怒色に形わさず(喜びや怒りを表に出してはいけない)」という一句を読んだ時にはっと思って・・終始忘れないようにしてこの教えを守った。

第二編 長崎遊学

第三編 大阪修行

     諭吉の『諭』の字は、1834年12月12日の夜、私が誕生したその日、父が長年欲しがっていた『上諭条例』の『諭』の字を取って名にしたと母から聞いた。

     伊藤東涯先生が自筆で書き入れをした『易経集註』13冊は天下稀有の書なり、子孫謹んで福沢の家に蔵むべし、と父が蔵書目録に書いたので、今でも私の家にある。

     生まれつき酒を嗜むというのが一大欠点。幼少のころから酒が飲みたいばかりに月代(さかやき)を剃らせていた。

第四編 緒方の塾風

     いまだかつて枕をしたことがない。というのはほとんど昼夜の区別がない。日が暮れたからといって寝ようとも思わず、しきりに本を読んでいる。読書にくたびれ眠くなってくれば、机の上に突っ伏して寝るか、あるいは床の間の床側を枕にして寝るかで、今まで本当に布団をしいて夜具をかけて枕をして寝るなどということは、ただの一度もしたことがない。

第五編 大阪から江戸へ

第六編 初めてアメリカに渡る

第七編 ヨーロッパ各国に行く

第八編 明治維新のころ

第九編 暗殺の心配と様々な試み

第十編 金銭について

      私は若い時から「困った」ということを一言でも言ったことがない。

      およそ人の志は、その身の成り行き次第によって大きくもなりまた小さくもなるもの。

第十一編 品行と家庭、そして老後

      すべて極端な事態を想像して覚悟を決め、まさかの時に狼狽しないように後悔しないようにとばかり考えています。

      私の生涯のうちにやってみたいと思うところは、全国男女の気品を次第次第に高尚なものに導いて真実文明の名に恥ずかしくないようにすることと、仏教でもキリスト教でもいずれにてもよろしい、これを引き立てて多数の民心を和らげるようにすることと、大いに金を投じて形あるもの形ないものの高尚なる学術を研究させるようにすることと、およそこの三カ条です。

 

福沢諭吉という人物に対するイメージがガラリと変わった。お札のイメージから勝手に謹厳実直という印象を抱いていたが、豪放磊落である。無類の酒好きというのも面白い。色んな書物を読んでみないと分からないものだ。

統一教会 何が問題なのか 文藝春秋編

2022年11月20日第1刷発行

 

帯封「この1冊で統一教会のすべてがわかる 巨額の献金、政治家との癒着、信者家族の悲劇、教義に込められた特異な世界観-鈴木エイトら第一人者がその実態に迫る!」

表紙裏「献金教養、霊感商法合同結婚式、政界との癒着など、多くの社会問題を引き起こしてきた統一教会文藝春秋は30年あまり、その実態を報じてきた。宗教とカルトの境は?政治と宗教の関係は?信者家族の悲劇にどう対処すべきか? この一冊ですべてがわかる!」

 

1 統一教会、その違法性と反社会性 石井謙一郎(2022年10月16日号初出)

  違法①正体を隠した伝道 違法②組織的な献金強要 違法③合同結婚式への勧誘

2 山上容疑者はなぜ安倍元首相を狙ったのか 森健+『文藝春秋』取材班(2022年9月号初出)

3 “安倍派”への工作を示す教団内部文書 鈴木エイト(2022年10月号初出)

4 献金極秘文書が明かす変わらぬ体質 石井謙一郎(2022年8月18・25日号初出)

  全国祝福家庭総連合会総会長の職にあった宋栄錫氏の法廷証言で〈弁護士 日本統一教会では、十分の一条以外に、甲7号証の1上の実績Bのための献金は、随時集められましたか? 宋 随時ではなく、常にです。日本は、献金を集めて世界各国を支援しなければなりません〉と紹介した後、十分の一条とは一般のプロテスタント教会と同じく収入の10%を献金すること、実績Bについては集められた献金の総額がAで人件費などの運営費を除いた額がBだと宋総会長は説明、とある。

5 信者家族の苦しみは続く 石井謙一郎(2022年9月22日号初出)

6 合同結婚式で海を渡った日本人妻の悲劇 甚野博則(2022年10月号初出)

7 教義から見た統一教会 伊藤達美(1992年12月号初出)

  こんな昔から統一教会の教義をかなり紹介していたとは驚いた。もっと多くの人がこの教義に触れていたのであれば今日のような展開にはなっていなかったのではないだろうか。

8 教祖・文鮮明一族の隠された真実 石井謙一郎(2022年10月号初出)

9 宗教はなぜ権力と結びつくのか 宮崎哲弥島田裕巳仲正昌樹・小川寛大(2022年10月号初出)

 

1番、3番、4番、7番、8番は読むに値すると思うが、これで「すべてがわかる」というのはどうか? もっと突っ込んだ議論が展開されているのではないかと期待していたが、そうではなかったのが残念。

 

地震はなぜ起きる? 鎌田浩毅

2021年3月26日第1刷発行

 

序章 日本を襲った巨大地震

第1章 地震とは何か

     空間をX軸、Y軸、Z軸の座標で表現できるのを発見したのはルネ・デカルト。上下動地震計と水平動地震計(東西方向の揺れと南北方法の揺れをそれぞれ測る)を計測することで発生した地震の揺れを正確に測定することができる

第2章 プレート運動と活断層

     本州の中で伊豆半島だけがフィリピン海プレートにのっている、伊豆半島はもとから日本列島の一部ではなく、かつては400km以上も離れていた南の海にあった海底火山の集まりだった、フィリピン海プレートユーラシアプレートの下に沈み込み北上して本州と激突して半島になった。その証拠は神奈川県北西部の丹沢山地。ヒマラヤもかつて小さな大陸だったインド半島が大陸に衝突して隆起したことがわかっている。

第3章 地震に伴う災害

     津波が起きる仕組みは、海溝型地震の場合、陸のプレートの端の部分が勢いよく跳ね上がるためプレートの上にある海水が上昇し海水面が一部分だけ盛り上がる、水深が浅いほどスピードは遅くなり、深いほどスピードが速くなる。1993年の北海道西南沖地震では奥尻島に最大で高さ30mの津波が到達し大きな被害をもたらした。

第4章 国をゆるがす南海トラフ巨大地震

     東海震源域、東南海震源域、南海震源域の3つは連動して発生する。1707年の宝永地震は数十秒以内に3つの地震が続いて起きた。1854年安政地震は34時間後、1944年の東南海地震の2年後に南海地震が起きた。南海トラフ巨大地震は2030年代に起きると予測されている(リバウンド隆起からは2035年頃、周期予測からは2038年頃と予測されている)。その大きさは超巨大地震M9クラスが予想されている。南海トラフ巨大地震津波の高さは高知県黒潮町土佐清水市で最大34m、下田市新島村で30mを超えると想定されている(東日本大震災の最大の津波は大船渡市16.7mなのでその2倍以上になる)。和歌山県串本町ではわずか2分で到達と想定されている。

第5章 首都機能を麻痺される首都直下地震

東京湾北部地震、②立川断層帯が動く地震、③相模トラフを震源とする地震、④東海地震

どれも甚大な被害が予想されている

第6章 日本列島で地震津波に備える

緊急地震速報大津波警報

耐震基準が強化されたのは1981年の建築基準法の改定による。震度6強以上で倒壊しないことに改められた。非常持ち出し品は1家に1つではなく一人に1つずつ用意し寝室等に置く。

妊娠の新しい教科書 堤治

2022年4月20日第1刷発行

 

帯封「対外受精を含む不妊治療が保険適用にー何が変わる?何ができる? 失敗しない不妊治療施設の選び方 『卵子凍結』は保険適用の対象外 43歳から始める不妊治療も 山王病院名誉病院長が教える妊娠の新常識 14人に1人が体外受精児」「妊娠成立の仕組みから不妊治療、生殖医療の最前線がこの一冊で分かる!・不妊に悩むカップルは5.5組に1組 ・企業も注目!プレコンセプションケアとは何か ・『着床』のカギを握る子宮内膜治療の最前線 ・大谷翔平選手も受けたPRP療法とは ・日本でも卵子提供の検討が始まった ・中絶・流産における『掻爬法』は世界の非常識 ・生殖医療が生み出した新しい家族のカタチ ・着床前診断『PGT-A』のメリットと課題」

表紙裏「いまや体外受精児は14人に1人にのぼり、世界有数の不妊治療大国ニッポン。しかし、妊娠率は世界最低レベルです。体外受精を含む不妊治療への保険適用で何が変わるのか?何ができるのか?皇后雅子さまのご出産時の主治医で、半世紀にわたり不妊治療の最前線にいる生殖医療の権威が分かりやすく解説します。」

 

はじめに

 世界最初の体外受精児が誕生したのは1978年イギリスで。世界で1000万人ほどの子どもが誕生。開発者はロバート・エドワーズ。

第1章 妊娠の常識が変わる

 45歳を過ぎると少なくなるが、年に1人か2人は48歳、49歳で出産されている。

 43歳から始める不妊治療がある。

第2章 妊娠成立の仕組み

第3章 不妊治療を受ける前に

    卵巣年齢を推定できるAMH(抗ミュラー管ホルモン)検査

    フーナーテスト 朝にセックスして当日精子が子宮まで到達しているか調べる

    抗精子抗体検査

第4章 不妊治療の現在地

第5章 生殖医療の最前線

    ERA検査(子宮内膜着床能検査)

    ALIC検査(感染性慢性子宮内膜炎検査)

    EMMA検査(子宮内膜マイクロバイオーム検査)

    PRP療法(多血小板血漿療法)

    着床前診断のための検査―PGT-A(着床前胚染色体構造異常検査)

第6章 拡張する生殖医療

    日本酸化婦人科学会は、健康な女性の場合の卵子凍結は推奨できないとし、日本生殖医学会は一定の場合に未受精卵子あるいは卵巣組織を凍結保存できるとする。

    2020年の生殖補助医療法で、卵子提供の場合、提供者ではなく出産した女性が母親、精子提供の場合、提供に同意した夫が父親と定められる。

    代理母、代理懐胎は日本では禁止。最高裁も国内法がないため親子関係は否定。

    死後生殖の問題もある。最高裁は認知を否定。

第7章 保険適用で変わる不妊治療

 

知らないことが多かったので、大変勉強になった。

 

大人の読解力を鍛える 齋藤孝

2019年9月25日第1刷発行

 

裏表紙「人間関係におけるトラブルの多くは、相手が『何を伝えたいか』『何を言いたいか』を正しく理解できていないことに端を発している。情報が複雑に飛び交う現代だからこそ、言葉を、言葉の集合体としての情報を、正確に読み解く力が不可欠なのである。本書では具体的なテキストを挙げながら、行間を読む、感情を読む、場の空気を読む、想像力を働かせて相手の心情を察するといったコミュニケーション全般のスキル向上を目指す。社会人必読の一冊。」

 

第1章 大人に必要な読解力

 1 真意を理解する

    芯で捉える力-言葉の中心を見極めて確実にミートする

    文脈で捉える力-単体ではなく前後の関係性から真意を把握する

    俯瞰して捉える力-「木だけを見ずに森を見る」という意識

    複雑なものを要約する力-多様&過多な情報から本質を抽出する

    不要なものを切り捨てる力-抽出して本質以外は「断捨離」する

    読解力を底支えする語彙力-言葉を知らなきゃ、文章の意味もわからない

 2 真意を推し量る

    行間を読む力-表現されていない“言外の意図”を推し量る

    恋愛は「感情を推し量る力」を鍛えるトレーニン

    場の空気を読む力-暗黙のルールを察知して、取るべき行動を考える

第2章 会話読解力と情報読解力

  1 人間関係を支える「会話読解力」

     読解力とは言葉のナイフを、ケガをせずに受け取るスキル

     論理性が不完全な「話し言葉」でこそ読解力が試される

     ジョークで笑える人、ジョークを真に受ける人

     知識や常識、教養の「共有」があって、ジョークが成立する

     読解力という「違和感センサー」がハラスメントを防ぐ

     会話は卓球のごとし。言葉にかけられた「回転」を読み解く

     言葉にかけられた「補正」を察知し、その真意を慮る

     読み解けないからすぐキレる―読解力は感情の暴走を抑制するブレーキ

     相手の触れられたくない部分を察知する―地雷を踏まない読解力

     状況の解釈は、立場や守りたい利益に左右される

     相手の「コミュニケーションのクセ」を見抜く

     相手の背景を読解すれば、コミュニケーションは上手くいく

     図を描く―マッピング・コミュニケーションで「俯瞰力」を高める

     会話における「要約リアクション」で相手との距離が縮まる

     「センスのいい言葉」に敏感になることで読解力もアップする

  2 メディアに惑わされない「情報読解力」

     一億総発信時代、誰もが問われる情報読解力=メディア・リテラシー

     ネット情報は「まず疑う」というスタンスで―違和感センサーを研ぎ澄ます

     根拠のない不確かな情報は、必ず「裏を取る」

     ネット検索は情報の裏を取るための“最初の一手”

     最低でも3回以上。「超検索力」で徹底的に掘り下げる

     疑わしい情報は、「活字情報になっているか」をチェック

     ウィキペディアは湖面に張った氷。全体重をかけるのは危険

     多数派意見を知って「世の中の風向き」を把握する

     最初から決めつけると、風向きを読み違える

     メディアの情報は「編集ありき」という前提で見る

     言葉の「独り歩き」による誤解・曲解が、真意を隠す

第3章 大人の読解力を鍛えるトレーニン

  1 「文学」で読解力を鍛える

     文学作品を読めば「人間」がわかる―読書で鍛える読解力

     小説を読み解く技術①「引き寄せ読み」-小説と自分の人生をリンクさせる

     小説を読み解く技術②「キャスティング」-登場人物を周囲の人に置き換える

     小説を読み解く技術③「ビフォー・アフター」-価値観の変化を考察する

     音読のすすめ―声に出して読むと役者気分で心理描写に入り込める

     童話や子ども向け小説を“大人の目線”で読み直す

     俳句は書かれていない「余白」にこそ味わいがある

     俳句を読み解くおもしろさを広めた『プレバト‼』の功績

  2 「新聞やネット」で読解力を鍛える

     論理的な文章は、まず書き手の「好き嫌い」を読み解く

     アウトプットを意識して、インプットの精度を上げる―瞬間要約トレーニン

     ネットにあふれる書き込みを読んで、自分を客観視する力を養う

  3 「歌詞」で読解力を鍛える

     言葉の数が絞られる歌詞は、「行間を読む力」を養うのに最適な教材

     歌詞の世界は小説以上に現実の経験を重ね合わせやすい

     「多義的なあいまいさ」が歌の世界をより深くする―『駅』竹内まりあ

     歌い出しの「いいえ」が否定しているものとは―『さそり座の女美川憲一

     歌詞を「画像や映像」で捉えて読み解く―『海を見ていた午後』荒井由実

     言葉の違和感から「比喩」を読み解く―『私はピアノ』サザンオールスターズ

     ポップな歌詞の奥に込められた深き祈り―『君は天然色大瀧詠一

     カバー曲を聴き比べて、歌詞の解釈の違いを楽しむ

  4 「映像と絵」で読解力を鍛える

     オリジナル映画は、映像の“行間”を読む力を養うのに最高の教材

     映画のワンカット、ワンシーンに込められた思いを読み解く

     名作『ひまわり』で、「ひまわり」が象徴するものとは

     途中で止めて続きを想像する。読解力と想像力を鍛える映画鑑賞法

     欅坂46のMVに込められた「相反する感情」の真意

     絵画にも描かれていない“文脈”がある―本を読めば絵がわかる

  5 「スポーツ」で読解力を鍛える

     ノムさんが教えてくれた、野球を「読解する」という楽しみ方

     フィクションのなかの「リアリティ」を見出す、それがプロレスの楽しみ方

 

島崎藤村詩集 山室静編

昭和39年7月15日初版発行 昭和53年11月10日19版発行

 

巻末の編者の言葉によると、藤村詩、中でも『若菜集』は十分に抑制され詩句が磨きあげられながら、内に迸る情熱があって、完成が単な技巧的練達でない内的充実をもっているところに、及び難い均整と豊醇が生じているという。「詩歌は静かなるところにて想ひ起したる感情なりとかや」とワーズワースの言葉を引いて後に合本「藤村詩集」の序を書きつけているが、内からあふれるものを抑えに抑えて相剋するものの中に何とか若いの道を見出し、辛抱づよく生命の実現を待ち望む行き方に、その詩を形成した。

気にいった詩をいくつか記す。

 

知るや君

こゝろもあらぬ秋鳥の

声にもれくる一ふしを

        知るや君

深くも澄める朝潮

底にかくるゝ真珠を

        知るや君

あやめもしらぬやみの夜に

静にうごく星くづを

        知るや君

まだ弾きも見ぬをとめごの

胸にひそめる琴の音を

        知るや君

 

 胸より胸に 抄

  思より 思をたどり

 

思より思をたどり

樹下より樹下をつたひ

独りして遅く歩めば

月今宵幽かに照らす

 

おぼつかな春のかすみに

うち煙る夜の静けさ

仄白き空の鐘は

俤の心地こそすれ

 

物皆はさやかならねど

鬼の住む暗にもあらず

おのづから光は落ちて

吾顔に触るぞうれしき

 

其光こゝに映りて

日は見えず八重の雲路に

其影はこゝに宿りて

君見えず遠の山川

 

思ひやるおぼろおぼろの

天の戸は雲かあらぬか

草も木も眠れるなかに

仰ぎ視て涕を流す

 

「早春」から(抄)

 草枕

 詩を新しくすることは、わたしに取っては言葉を新しくすることであった。

言葉を新しくすることは、先づ眠ってゐる言葉を起すことであった。

なぜ独裁はなくならないのか 世界の動きと独裁者インタビュー 千野境子

2013年12月20日初版第1刷発行

 

表紙裏「古今東西、世界は多くの独裁者を生んできました。いったいなぜ独裁や独裁者はあとをたたないのでしょうか。人々が独裁をもとめるからか。あるいは人々が民主主義をもとめないからでしょうか。チュニジアの『ジャスミン革命』に始まる『アラブの春』、東欧の一党独裁ヒトラーの歴史的現象を追い、カストロ、ノリエガ、イメルダ夫人など、著者インタビューによる独裁的指導者の実像と今をさぐる。」

 

第1章 2011年「アラブの春」の衝撃 ドミノ倒しの独裁者たち

2011年1月14日 チュニジアジャスミン革命 ベンアリ大統領を追放(独裁23年)

          野菜・果物を無許可で売っていた26歳の青年が抗議の焼身自殺

    1月25日 エジプトのムバラク大統領が辞任(独裁32年)

    1月27日 イエメン・サレハ大統領退陣(独裁33年)

          リビアカダフィ大佐が惨殺される(独裁45年)

                   シリアのアサド政権下で内戦状態が続く

 背景にあるバーチャル・パワーは今日無視できない(ハーバード大学ジョセフ・ナイ教授)

第2章 冷戦とともに消えた東欧の独裁者たち

1989年6月4日 天安門事件ポーランド一党独裁終焉、ワレサ大統領誕生

   10月7日 ハンガリー一党独裁放棄

   11月9日 ベルリンの壁崩壊(東ドイツ・ホーネッカー書記長解任)

   11月10日 ブルガリア独裁終焉

   11月29日 チェコスロバキア共産党政権終焉(ハヴェル大統領誕生)

   12月25日 ソ連解体・消滅、ルーマニアチャウシェスク大統領銃殺刑

1990年ユーゴスラビア解体(セルビアのみ残り、スロベニアクロアチアマケドニアボスニア・ヘルツェゴビナモンテネグロコソボが相次ぎ独立)

第3章 私の会った独裁者たち

    パナマ・ノリエガ元最高実力者

    ニカラグアオルテガ大統領

    キューバカストロ国家評議会議長

    フィリピン・イメルダ・マルコス元大統領夫人

第4章 世紀の独裁者アドルフ・ヒトラー

    書かれた言葉によるよりもはるかに、話された言葉によって、人心を獲得することができるのだ。この世における偉大な運動は、偉大な演説家のおかげでその隆盛にいたったのであり、偉大な文筆家のおかげではない(『わが闘争』から)

第5章 アジアの開発独裁

    インドネシアスハルト政権(7選直後に失脚)、シンガポールリー・クアンユー政権、韓国の朴正煕政権、台湾の蒋経国政権、ミャンマーの軍事政権は共産党独幸とは異なる形態の独裁政権

 

 独裁政権に関する歴史の復習になります。コンパクトにまとまっており、分かり易く書かれていました。