私の履歴書 諸井貫一(秩父セメント社長) 日本経済新聞社 経済人5

昭和55年8月4日1版1刷 昭和58年10月24日1版8刷

 

①高等師範から一高へ進む

②東大で“希望”の学問・経済学を専攻

③父の理想を継いで実業界へはいる

④金解禁前後・競争激化で赤字にあえぐ

統制経済の行き過ぎを反省

⑥郵便局長三代目に就任

⑦同憂の士、工業倶楽部に集まる

⑧激動期に思い切って設備を更新

 

明治29年1月11日東京生まれ。一高時代の弁論部では芦田均鶴見祐輔らがしょっちゅう来て指導した、ニーチェの本をリュックに入れて登山に打ち込んだ、東京帝国大学で法学部に属していた経済学科が経済学部として独立し、大蔵省から大内兵衛氏、農商務省から河合栄次郎氏、住友から矢内原忠雄氏ら各界の人材を招いた、大学院助手、講師となった。父が秩父セメントを創立し、実業界入りした方がいいという渋沢栄一さんの意見もあり、秩父セメントに入った。体が弱く医師から30くらいしか持たないといわれたが、何とか今日までやっている。金解禁、企業の合併・合同、買収交渉の頓挫、過当競争と統制のいたちごっこなどを経験し、戦後の追放令の中、経済連名の運営が行き詰まる中で運営委員会を作り、小笠原光雄、永野重雄桜田武の3君と4人で運営に当たった。労働三法が制定され、労働攻勢が始まり、地域別の経営者団体を作った。戦後の経済はインフレとデフレの交錯という言葉が当てはまる。(昭和43年3月秩父セメント会長に就任。同年5月21日死去)

風は山河なり 第2巻 宮城谷昌光

平成21年11月1日発行

 

裏表紙「隣国・尾張では信長の父、織田信秀の力がもはや無視できないものになっていた。美濃征伐にでた清康であったが、叛逆ありという凶報が入り、戦わずして退却することを決める。しかし陣中にいるところを、乱心した家臣の息子に斬られ、命を落すことに。主君亡き後、残された嗣子を巡り様々な思惑が錯綜する中、織田、今川も三河攻略にのりだす。大久保、本多ら忠臣たちの活躍を描く第二巻。」

 

織田弾正忠家が急成長し、清康に遠征の必要が生じた。清康を輔佐した阿部定吉の才知は抜きん出ていた。が分家の信定が守山にいないことで計画に狂いが生じ、戦う前に退却した。その直後、乱心した弥七郎に清康が殺害された。『三河物語』の著者大久保彦左衛門忠教はあと5年清康が生きていたら天下をやすやすと手に入れたであろうと言い、弥七郎を日本一の阿呆と罵った。弥七郎の父阿部定吉は罪がないとされ殺されずに済み、仙千代を護る。織部正が養育した庶子の四郎は竹千代を新八郎の下に連れ帰った。尾張の織田の軍勢が岡崎城を攻めたが、追い腹を切る覚悟を決めていた松平の将士は強かった。八百の兵で八千の兵を追い払った。定吉は後見に信定を指定し竹千代を連れて城を出て伊勢に向かった。迎えるのは吉良持広で、今川の祖先と兄弟だった。ところが今川氏輝と弟彦五郎が死んだ。今川家に内紛が生じ、義元が継ぎ、ほどなく北条に背を向けて武田と結んだ。18歳の義元は11歳の竹千代(広忠)を岡崎城に還すことを約束した。牧野伝兵衛は今橋城、瀬木城、牟呂城に広忠を迎い入れた。「ところで大久保氏は三河の草莽から生じた族ではない。はるか東、関東の下野の宇都宮氏が先祖であり、三河大久保家の始祖である泰藤は南北朝のころ武人で、官軍に属し、新田義貞が戦死したあと、三河に移り住んだ。三河山間の陽光のとぼしい郷邑に松平家を興した親氏が、上州から三河に流れついたのが、南北朝合一が成されたあとの応永年間であると伝えられるので、大久保家の方が先着した族であるといえる。その松平と大久保家が君臣の関係になったのは、松平三代の信光のときで、大久保の家主は泰藤の曾孫の泰昌であった。それらのことを考えると、松平家の家風というのは、三河の風土に北関東の気風を積み上げたもので、しかもその深部に反足利の色があり、その色が清康の代に顕現したといえるだろう」新八郎は広忠を岡崎城に連れ帰った。内膳正信定は出撃を躊躇った。織田信秀松平信定を使って間接支配を行い、内乱の止まない美濃へは自身が兵馬を入れて平定する計画だったが、信定が広忠と和睦し臣従したことなどから見通しが悪くなった。信定は死に、織田勢は安祥の城を攻め、三河の兵の損傷は大きかった。信秀は信長の兄信広を城主とした。水野忠政の長女を広忠の嫁として迎えることができれば水野を松平の楯にできると定吉は考え実行した。武田晴信(信玄)が父信虎を駿河に追放し家督を継いだ。北条では氏綱が死去し嫡子氏康が国主の座に就いた。菅沼不春定則は17歳の四郎を元服させ野田四郎政則という氏名を与えた。

自家製文章読本 井上ひさし

昭和62年4月25日発行 平成27年2月24日21刷改版

 

目次

滑稽な冒険へ旅立つ前に

ことばの列

話すように書くな

透明文章の怪

文間の問題

オノマトペ

踊る文章

冒頭と結尾

和臭と漢臭

「和臭と漢臭」拾遺

文章の燃料

形式と流儀

読むことと書くこと

 

谷崎潤一郎文章読本の瑕を数えればきりがない。話し言葉と書き言葉の無邪気な混同。大文豪にしてはどうかと思われる、陳腐この上なく、かつ判ったようで判らない比喩など、谷崎潤一郎文章読本の瑕を数えればきりがない。

中村真一郎文章読本には卓見がちりばめられている。なかでも、鷗外の、漱石の、そして露伴のあの文体がどのようにして成ったかを、「文章の土台、苗床」という鍵言葉を駆使して大胆かつ細心に追跡してゆく件(くだり)は圧巻である。中村読本の前半の主題は、「近代口語文の完成は、考える文章と感じる文章との統一である。

・丸谷読本以外の文章読本の文章は、それぞれ書き手のものとしては上等とは言い難い。金のために書かれた、あるいは啓蒙読物として書かれたなどの、執筆時の事情もあるだろうが、日頃の文章より数段落ちるという印象がある。

丸谷才一文章読本は掛け値なしの名人芸だ。たとえば文体論とレトリック論を、大岡昇平の『野火』一作にしぼって展開してゆく第九章などは、おそろしいほどの力業である。なによりも文章が立派で、中村読本に凭れかかっていえば、考える文章と感じる文章との美事な統一がここにはある。

・日本語の著しい特色のひとつは、その文末決定性にある。大事な動詞ほど文末を決定する力が弱いため、動詞に動詞を連結させて複合動詞とし文末決定力の増強を図り、あるいはオノマトペを併用して文末決定力の増強を図るので、日本語の文章には複合動詞やオノマトペがしばしば多用される。

・「ひそかに」は、漢文訓読的な表現で、和文漢詩文とを強烈な文体意識で峻別していた紫式部は、この語を一度も使わなかった。「たがひに」「すみやかに」なども使わなかった。いずれも漢文訓読特有の語法だからである。

・日本語の音節はごくごく少なく、せいぜい140から150。北京官話の3分の1、英語の30分の1。音節の数が少ないから自然、同音異義語が多くなる。日本語に同音異義語が多いのは漢字のせいではなく、音節数が少ないせいである。日本語の音節数は約140。英語の音節数は約4000(7000という説もある)。この同音衝突地獄に救いの手をさしのべているのが、漢字。ヨーロッパの言語などでは、同音が衝突した場合、混乱を避けるためにどちらか一方の語が、別の語に置き換えられてしまう。発音の異なっていた英語のquean(女)とqueen(女王)が音声変化によって同音語となったために、現在ではqueanはほとんど使用されず、「女」を意味する場合はwomanで置き換えられている(三修社『音声学大辞典』)。

・巻末のパルバースの解説では、日本語はさほど豊かな「体験」をしている言葉であるとは思っていない、英語はイギリスからアメリカ、オーストラリア、ニュージーランドと、新しい開拓地、植民地へ渡り大きく変化した。新しい社会制度や生活習慣、人間関係から、新しい言葉、新しい表現が生まれた。それに対して、日本語は、明治以来の西洋文化の急速な導入にともなって数々の新語は生まれたが、日本語そのものが海外を放浪して生まれ変わるといったことはなかった、という。日本語が英語のような豊かな体験を得ることは今後も望めないだろうが、日本語には万葉集以来の伝統がある。その伝統を柔軟に捉え、かつ徹底的に掘り起こして、日本語の文章のエッセンスをつかみあげていると述べる。

 

 

私の履歴書 萩原吉太郎(北海道炭礦汽船社長) 日本経済新聞社 経済人5

昭和55年8月4日1版1刷 昭和58年10月24日1版8刷

 

①小学校5年まで母の実家で育つ

②京華商業から慶応へ進む

③”大学残り”を中止して三井合名へ

④病欠二年、各課をたらいまわし

⑤秘書課勤務、賞与計算で大失敗

⑥北炭に移り秘書部長となる

終戦直後二割の人員整理を断行

⑧常務に就任、誤解や中傷集まる

⑨率直にぶちまけて追放を免がれる

⑩石炭の“斜陽化”を予言

⑪忘れられぬ高橋先生の高恩

 

・故郷は松戸の先の北小金。埼玉県人の誤伝は父が後年蕨へ隠棲し母の里は蕨の在の戸田町にあり、生まれてすぐその母の実家に連れて行かれて小学5年までそこで育ったからだろう。慶應義塾予科に進み、アダム・スミスジョン・ロック、デビッド・ヒューム、モンテスキューなどの古典を10冊ばかり借りて貨幣論を徹底的に調べ見た学会雑誌に発表した。高橋誠一郎先生の紹介で三井合名に入社したが、早々に肺尖カタルになり2年休職した。調査課、統計係、外国の新聞の翻訳等の仕事が面白くなく評価が悪かったので秘書課に回された。物産からカミソリと言われた島田勝之助さんが来て、島田さんの秘書になった。岩田富美夫という右翼の大物が池田成彬さんに面会を求めに来た際に代わりに応対することになったのがきっかけで児玉誉士夫氏と知り合いになった。島田さんが北炭の会長になったので北炭に移る決意をした。1年半ばかりで人事部長兼秘書部長となった。昭和22年は組合の勢力が強くなり重役総退陣の要求が突き付けられ総退陣ということになった。常務となった2か月目で追放令違反に問われた。申し開きの立つことではないのでありのままぶちまけた。すると誠意というものは万国共通で無罪放免になった。社長になると、燃料革命を予言し、東京瓦斯や富士製鉄と長期契約を結んだ。理研の亀山直人先生に石炭化学の新しい道を開拓したいと相談した。石炭化学研究所が出来、亀山先生が初代所長になった。慶応の仏教青年会で学んだ、縁あって結ばれたからには絶対に相手を裏切らない、人の恩は秦でも忘れないといった生き方は今も生活の信条としている。(昭和42年北海道炭礦汽船会長に就任。44年再び社長。47年取締役相談役。50年より会長)

 

風は山河なり 第1巻 宮城谷昌光

平成21年11月1日発行

 

裏表紙「戦国前夜の奥三河。瞬く間に西三河を支配した松平清康の驍名を聞いた野田城城主・菅沼新八郎定則は、帰属していた今川家を離れる決心をする。清康が卓越した戦術と情義の心で勢力を広げる中、新八郎は戦での働きが認められはじめる。一方、綾という女との出会いから、川原で拾った童子・四郎の出自とその周囲の陰謀が明らかになっていく。知られざる英傑たちの活躍を描く歴史巨編。」

 

三河野田城の城主の菅沼新八郎定則が語る松平清康は、徳川家康の祖父である。松平清康は世良田次郎三郎と号し、新八郎は安祥三郎と呼んだ。東三河は今川氏が版図に治めていた。新八郎が清康に謁見すると、清康は「わたしが世良田次郎三郎である」といった。「松平とはいわず、世良田といったところに累代の松平の家主がもちえなかった壮志があり、この荘志が孫の家康に受け継がれて華栄を得るのである」。清康は牧野氏に今橋(吉田)城を与えるという内約を履行した。清康は牧野を擁して東三河を伐り取った。戸田氏は渥美半島を支配していた。清康は「それがしは、清和源氏八幡太郎義家が子孫、新田太郎義重が裔孫、世良田弥四郎頼氏が末孫、松平三郎あらため、世良田次郎三郎でござる」と戸田正光に名乗り、婚姻関係を結ぶことで、戸田を伴侶とするのに成功した。清康は新八郎に、熊谷備中守を帰服させるための外交的工夫をせよと命じた。熊谷氏だけが東三河の諸豪族の中で清康に順服していなかった。熊谷家の家臣岩瀬庄右衛門に仕える伊賀の十蔵が新八郎に熊谷家の内情を告げた。新八郎は熊谷氏を説くのが至難であることが分かってきた。熊谷勢にむかって野田の兵が果敢に向かっていった。宇利城城主の熊谷兵庫入道実長、その子直安、その弟正直は火焔に追われ城を棄てて山中に逃げた。伊賀の服部十蔵は新八郎の下で岩瀬十蔵と称し、新八郎の手足となって働くことになった。

 

日本酒外交 酒サムライ外交官、世界を行く 門司健次郎

2023年1月22日第1刷発行

 

帯封「日本酒を『世界酒』に! まずは飲んでほしい。その旨さは日本の文化。推薦!小泉武夫氏 太田和彦氏」「小泉武夫氏(発酵学者、東京農業大学名誉教授)『この1冊を読めば、いずれ日本酒は世界を制する酒になることを確信するであろう。国酒・日本酒とはそういう酒である』 太田和彦氏(居酒屋評論家)『日本酒を国際外交の武器としたサムライ、ここに在り』」

 

表紙裏「会食、パーティー、レセプション、晩餐会。外交と『食』は密接な関係がある。そして食を彩り、コミュニケーションの潤滑油となるのが酒である。外交官だった著者は日本酒の魅力に取りつかれ、ヨーロッパ、中東、カナダなど赴任した先々でさまざまな「日本酒外交」を展開する。日本酒は異文化に受け入れられるのか?そもそも合う料理はあるのか?『酒サムライ』の称号を得た著者は、世界の外交舞台に果敢に斬り込んでいく。そこで見出した、日本酒が秘める大きな可能性とは?」

 

著者:1952年福岡県生まれ。75年に外務省に入省。主に条約、安全保障、文化交流、経済を担当。フランス、オーストラリア、ベルギー、英国の日本大使館欧州連合EU)日本政府代表部に勤務の後、イラクカタールユネスコ、カナダで大使を歴任し、2017年に退官。外交での日本酒の活用を推進し、日本酒造青年協議会により「酒サムライ」に叙任。フランスにおける日本酒コンクール「クラマスター」の名誉会長も務める。

 

・2022年のワールド・シティ・カルチャー・フォーラムの資料によれば、東京のレストラン数約13万8000軒は世界一、パリの約3万8000軒やニューヨークの約2万7000軒をはるかに上回る。ミシュランガイドブック(2022)の星つきレストランの数は東京が203軒、パリの118軒を大幅に上回って世界一。

・日本酒の温度の呼び方は原則5℃刻みで、雪冷え(5℃)、花冷え(10℃)、涼冷え(15℃)、常温(冷やとも言う。20℃~)、日向燗(30℃)、人肌燗(35℃)、ぬる燗(40℃)、上燗(45℃)、熱燗(50℃)、飛び切り燗(55℃)となっている。温度により異なる呼称を有するのは日本酒だけ。

・日本酒はアミノ酸の含有量が高いのが特徴で、酒によるが、赤ワインと比べ5倍、白ワインと比べ10倍という資料もある。

・イギリスは自宅などでは5歳以上の飲酒は違法ではない。

・2011年から在外赴任前の外交官に対する日本酒研修が始まる。2012年には日本酒・焼酎の国家戦略としての国酒プロジェクトが立ち上げられた。2020年の外交青書には「日本酒は外交活動の武器」と題する特集コラムに1頁が割かれている。

・2021年12月に伝統的酒造りが登録無形文化財として登録される。2022年3月に伝統的酒造りがユネスコ無形文化遺産に正式に提案される。

 

 

 

私の履歴書 佐藤貢(雪印乳業社長) 日本経済新聞社 経済人5

昭和55年8月4日1版1刷 昭和58年10月24日1版8刷

 

①“せんじみみず”が命の親

②朝露を踏む牛乳配達

③忘れえぬ由布先生

④北海道長官直伝の山岡流

⑤酪農から乳製品事業への念願

オハイオ州立大学めざして

⑦柔道で名をあぐ

⑧乳製品工場でアルバイト

⑨思い出の米人たち

⑩“メキシコの戦慄”

⑪父とともに牧場経営

⑫生涯の思い出「電灯事件」

⑬関税撤廃のショック

⑭組合発足-ひとりで奮闘

⑮“雪印”のマークを考案

⑯舶来品追い出し-世界の市場へ

⑰北海道興農公社設立

⑱アイスクリーム育ての親

 

明治31年2月14日札幌生まれ。牛乳配達を毎朝3時に起きてやった。北大では酪農を専攻した。渡米してアメリカ留学生活を送った。乳製品工場で働き、卒業後はその工場の主任となり、大学の職員になった。帰国後、牧場を自助園と呼び、バターやアイスクリームを作った。手動でバターを製造し、買い手がついたのでマークを考案し、雪印と決めて、登録しようとしたら金章印に似ていてダメだと言われ、河合氏に交渉したら事業を辞めていたので譲ってもらえた。これが雪印のはじまりである。北海道の地図を付け加えたのはアメリカのオハイオでバターの箱に州の地図を入れていたところから思い付いたものだった。交通の便のよい札幌に工場を作ることにした。戦後、雪印乳業株式会社と北海道バター株式会社の二つに分割し、後者はクロバー乳業に社名を変えた(33年11月に両社は再び合併した)。ここ6,7年のうちに生産が休場し10年前の5倍以上になった。飲用の牛乳は1割くらいで9割は乳製品の製造に回される。アイスクリームの製造と普及についての苦労は私にとって忘れない思い出である。(昭和38年雪印乳業会長に就任。46年取締役相談役。48年より相談役)