記録をうちたてた人々 クーベルタン・ソープ・ヌルミ・織田幹雄・人見絹江・オーエンス・クン夫人・ザトベック 鈴木良徳著

昭和40年10月第1刷発行 昭和60年6月第21刷発行 クーベルタン オリンピックの父と呼ばれるクーベルタン。フランスがイギリスやドイツに負けた原因が青少年の教育の違いにあると考えて、フランスにもイギリス人学生のスポーツ・クラブを作ろうとし、オピンピア…

エマソン選集7 たましいの記録 小泉一郎/訳

昭和36年8月1日初版発行 昭和44年3月1日3刷発行 兄弟の中で最も凡庸とみられたエマソンが、劣等感や病弱などの不幸を克服して、絶対的な自己信頼を強調する立場までいたった刻々の歩みを辿る 以下は、本書の中からの、私が気に留めた箇所の抜粋である。 1984…

心に太陽を持て 山本有三編著者

昭和31年4月20日発行 昭和35年3月10日5刷 くちびるに歌を持て 沈没した船の大勢の乗客が冷たい海の中で希望を持ち続けることが出来たのは、同じように溺れていた一人の女性の美しい歌声を聞き続けていたからだ。救助にやって来た人達もこの声で救出活動が上…

ギリシア神話 アポロドーロスほか 高津春繁・久美子訳(その3)

2010年10月14日第1刷発行 諸国の物語 ギリシア名アテナのラテン名はミネルバ、アプロディテはビーナス、アレスはマルス。ギリシア名とラテン名で名まえが違う神さまの一覧が冒頭に掲げられている。 へびの恩がえしーメラムブスの予言 ピュロスに住む大勢の召…

ギリシア神話 アポロドーロスほか 高津春繁・久美子訳(その2)

2010年10月14日第1刷発行 英雄物語 アルゴー号のお話、 イルオコスの王をつぐはずだったイアソンの父は弟にその地位を奪われる。イアソンが若者に育ち弟の前に現れると、弟から金のひつじの皮を持ってくるよう命じられ、コルキスにアルゴー号で渡る。コルキ…

命がけの証言 清水ともみ+楊海英

2021年1月30日初版発行 2021年2月22日第3刷 表紙裏に「ナチス『アウシュビッツ』に匹敵する中国共産党の蛮行は許されない 文化的な脅迫・ジェノサイドで骨抜きにされるウイグル 『臓器移植先進国』の背後にある闇を見ない日本のメディア 中国や北朝鮮の人権…

ギリシア神話 アポロドーロスほか 高津春繁・久美子訳

2010年10月14日第1刷発行 巻末の訳者解説には、西洋の文化を知ろうとすれば、ギリシャ神話は「聖書」とならんで欠かすことができない、シェイクスピアの「真夏の夜の夢」の中の寸劇は、本書に収めた「ピュラモスとティスベ」の話が用いられているほか、ドビ…

クオレ物語 アミーチス作 塚原健三郎編者

昭和39年6月25日第1刷 昭和60年11月30日第30刷 小さな愛国者 イタリア生まれの少年が、ジェノバ行きのフランス船に乗り込み、そこで大人たちからお金を恵んでもらって、食べる物にも困っていたので、たいそう喜んでいたのだが、お金をくれた大人たちがイタリ…

現代語で読む たけくらべ 樋口一葉(現代語訳 山口照美)

2012年8月初版第1刷発行 巻末の現代語訳をした山口照美によれば、「背比べをして一緒に遊んでいた子ども達が、少し大人になって進路が分かれていく過程を読みとる面白さがあります」、「自分の体が『女』であると自覚して、恥ずかしさに混乱する美登利。『…

新訂 海舟座談 巌本善治編 勝部真長校長

1983年2月16日第1刷発行 1989年6月15日第13刷発行 表紙に「卓越した政治手腕をもって崩壊直前の徳川幕府に重きをなし、維新後は海軍卿、枢密顧問官として明治政府に参与した勝海舟が、その50年に及ぶ政治生活をふりかえって語る幕末明治の体験談。歴史的証言…

エマソン選集6 代表的人間像 酒本雅之/訳

昭和38年2月5日初版発行 昭和44年2月15日5刷発行 人間である限り可能性としては誰でもがすべて偉人なのだと説く本巻は、人間に宿る魂の現れ方をそれぞれに代表する6人の偉人により論じている。 第1章 哲学に生きる人 -プラトン プラトンは、その時代の学問…

燃えよ剣(下) 司馬遼太郎

昭和 47 年 6 月 15 日発行 平成 19 年 1 月 20 日 92 刷改版 表紙裏に「元治元年 6 月の池田屋事件以来、京都に血の雨が降るところ、必ず土方歳三の振るう大業物和泉守兼定があった。新鮮組のもっとも得意な日々であった。やがて鳥羽伏見の戦いが始まり、薩…

現代語で読む 生まれ出づる悩み 有島武郎 (現代語訳 高木敏光)

2013年2月初版第1刷発行 表紙裏には「かつて、自分の描いた絵を見てほしいと言って、ぼくを訪ねてきた若者がいた。やがて彼は北海道で漁師になる。画家の志と、現実の暮らしの間に生じる青年の深い悩みを、ぼくは想像する」とある。 訳者の解説には、本書の…

あのころ さくらももこ

2004年3月25日第1刷 2022年1月17日第13刷 表紙裏に「てきやの話術につられ、つい買ってしまった「まほうのカード」のカラクリ。毎年8月29日から家族総出で始まる、夏休みの宿題との格闘。散々だった七五三。親友たまちゃんが自宅の庭で見かけた幻の生物・ツ…

暗幕のゲルニカ 原田マハ

2016 年 3 月 25 日発行 原田マハの、傑作が再度誕生である。 9.11 後のイラク空爆前夜、米国国務長官が国連の安保理会議場のロビー前で記者会見を行った。その背景にあるべきはずのゲルニカのタペストリーには暗幕がかけられていた。これは著者によると事実…

お助け・三丁目が戦争です  筒井康隆

1986 年 2 月初版発行 お助け 家族同人誌『NULL』に発表し、『宝石』に掲載された。宇宙飛行士として選抜試験と競争に勝ち残り毎日王特訓を受けている主人公が、宇宙意志の体現者となったかのように外界とのテンポがずれてしまい、最後には事故を起こし、ト…

現代語で読む 野菊の墓 伊藤佐千夫 (現代語訳 城島明彦)

2012年9月初版第1刷発行 15歳の政夫と17歳の民子の純愛物語。幼い頃から仲良しだった2人がいつしか互いを意識するようになり、またそんな関係を世間が冷やかしの目を見るので母は二人を引き離そうとする。それでも畑での綿積みの仕事を二人にやらせる時に母…

阿部一族 森鴎外

新潮文庫 昭和 43 年 4 月 20 日発行 昭和 43 年 9 月 30 日 2 刷雨の日文庫6 昭和 46 年 6 月 30 日発行 熊本の細川藩の藩主細川忠利の死後、家臣たちの殉死が次々に描かれている。 どうしてこんなに殉死の場面を描き続けるのか疑問に思って調べたら、執筆…

偉人たちの挑戦 数学・天文学・地学編1 東京電機大学編

2022年2月20日第1版1刷発行 ブレーズ・パスカル 孤高の数学者であり哲学者 “人間は考える葦である”で有名なスカルは自動計算機を発明し、これが源となって現在のコンピュータがある。若くして数学の才能を発揮したパスカルは、28歳で父を亡くし、第2の回心…

①世界の大思想4 アリストテレス ニコマコス倫理学(高田三郎訳) デ・アニマ(村治能 就訳) 詩学(村治能就訳)、 ②ワイド版世界の大思想 13 ニーチェ こうツァラツストラは語った 高橋健二 秋山 英夫 訳

世界の大思想4 アリストテレス 昭和 47 年 9 月 30 日発行 ニコマコス倫理学(高田三郎訳) 最高善 幸福 徳 形而上学 快楽について論じられている。 デ・アニマ(村治能就訳) (霊魂について) 魂は、思考と感覚の働きである。 詩学(村治能就訳) 創作の…

飛ぶ教室 エーリッヒ=ケストナー

2011年1月17日第1刷発行 表紙裏に「これは血も涙もある温かい物語です。そしておもしろさとユーモアのうちに、友情と正義と勇気のたいせつさを身にしみて教えてくれます・・正義とはいっても、彼はただ、人間として卑しいことをするな、恥を知る人間であれ…

孫育てが楽しくなる楽観主義のすすめ 鈎治雄

2022年4月30日初版第1刷発行 表紙に「祖父母たちの生きる姿勢は、確かな教育力となって、次の世代を育んでいくー。子どもたちと向き合う心を、心理学の視座からわかりやすくアドバイス」とある。 裏表紙には「主な内容」として「第1章 祖父母の大切な役割」…

なぜ人類は戦争で文化破壊を繰り返すのか ロバート・ベヴァン 駒木令/訳

2022年2月23日第1刷 表帯封で「全米で話題」「ナチスのホロコースト、チベット問題、世界貿易センタービル、バーミヤンの仏像など現在も未解決の問題の根底にあるものは?」と問い、裏帯封で「モスクはたんなる祈りの場ではない。敵にとっては、抹殺すべき共…

黒猫・黄金中 エドガー=アラン=ポー 松村達雄・繁尾久/訳

2010年12月16日第1刷発行 黄金虫 冒険小説であり、暗号解読小説でもある。羊皮紙は熱に当てられると地図や文字があぶり出てくる性質があり、それを元に財宝を150万ドルの財宝を手に入れるというお話。ポーの代表作の一つである。 黒猫 怪談、怪奇小説。可愛…

おじいさんのランプ 新美南吉

2004年6月7日第1刷発行 いずれも、今から70年以上前の童話作家の作品。 「牛をつないだ椿の木」 旅人のために他人の土地に井戸を掘らせてもらいたいと思った主人公が、寄付を募ってもうまくいかない、地主に協力を求めても応じてもらえず、地主が死ねば息子…

燃えよ剣(上) 司馬遼太郎

昭和47年5月30日発行 平成19年1月20日96刷改版 平成31年2月25日120刷 表紙裏に「俺は今日から武士になるー。幕末の激動期、武州多摩のバラガキだった土方歳三は、近藤勇、沖田総司らとともに、京へ上る。京都守護職御預の名のもと、『新選組』を結成、池田屋…

小さな王国・海神丸 谷崎潤一郎、鈴木三重吉、野上弥生子

2009年2月23日第1刷発行 「小さな王国」谷崎潤一郎 他の生徒から尊敬される餓鬼大乗の話か、と思って読み進めていくと、この餓鬼大将は自分の名字を書き入れた貨幣を発行し、しかも先生が品物薄に困ってこの餓鬼大将の軍門に下ってこの貨幣経済に参加するた…

エマソン選集5 美について 斎藤光/訳

昭和36年10月1日初版発行 昭和44年3月1日3刷発行 彼の美学思想は彼の中心思想から派生したものであるといえるが、その中心思想は物質と精神の象徴関係を想像力により把握することから出発した。 以下、気に留めた箇所を抜き書きする。 霊感 ナポレオンはいっ…

泣虫小僧 林芙美子

1976年3月初版発行 1987年8月第10刷発行 母親にすてられて親戚の家をつぎつぎにたらいまわしにされていく啓吉少年の悲しさを描いた小説。啓吉少年を中心に描き分けられているが、いずれも経済的に豊かとはいえない階層の人々の、(母親)貞子、寛子、蓮子、…

「具体⇔抽象」トレーニング 思考力が飛躍的にアップする29問 細谷功

2020年3月31日第1版第1刷発行 2021年6月10日第1版第13発行 裏表紙には「『具体⇔抽象』とは、抽象化と具体化という形で具体と抽象を行き来する思考法のこと。斬新な発想ができるようになるだけでなく、無用な軋轢やコミュニケーションギャップの解消にも役立…